為替介入(外国為替市場介入)というのを知っていますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、雑誌、テレビのニュースネットなどの情報で見かけたみなさんもたくさんいると思います。外国為替平衡操作(為替介入)というのは我が国においては、・大臣(財務大臣)為替の相場の安定化を実現できるように使う方法と位置づけられています。わかりやすく言うと、かなりの円高または円安が発生すると財務大臣の命令によって中央銀行(日本銀行)円を取引して為替のレートを安定化させる、ということです。為替の介入はいくつかやり方があります。1.単独介入・・・行政・日銀が、東京での市場において自分から市場に入って来て介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が相談のうえ各銀行などが持っているお金を以て同時期にまたは時々為替介入を実施していく。3.委託介入・・・他国の銀行などへ為替介入を託す。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他の国の銀行などと代わって為替介入(外国為替市場介入)を遂行する。このような種類です。どのケースの為替介入(外国為替市場介入)もその場、もしくは引き続き市場に大きな効果を与えることになります。為替介入の資金は当然のことですが国家の面子をかけて行なうのですから桁外れです。円を例にみると、日頃は数銭ごとに変動する為替相場が突発的に数円単位の変動をするのです。個人投資家の人なら一回くらいは体験したことがあると考えますがこれまで含み資産(もしくは損失)が増加していた保有高を持っていたところへ、キープしている持ち高が決済したと通達が外国為替の会社よりEメールが届き。儲けが出たのかな(赤字になったのか)?と気にしつつ決済データを見ると自らが期待していた事とは逆の事になってしまい目を丸くしたといったことがあります。為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれた際によくある話なのです。こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)を行うと、為替の市場の動きとまったく逆の動きをします。さらに動く金額の範囲は相当大幅に変動しますので気をつけましょう。